忍者ブログ

変形性股関節症と股関節痛情報

股関節症、特に変形性股関節症の痛みの仕組みや治療方法などをご紹介



バーコード
最新トラックバック
SEO対策

検索順位チェックツールseo-R
  • seo
 

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先天性股関節脱臼の治療は、新生児期などの早期に見つかった場合、おむつのあて方だけで治る場合があります。赤ちゃんが歩き始めてからの治療は概して難しく、手術を行わなくてはならない場合も多々あります。

赤ちゃんが生後5~6ヶ月くらいまでの間に先天性股関節脱臼が発見された場合は、リーメンビューゲルというバンドによる治療が一般的にはよく施されます。しかし、この治療法は専門医の指示に従い、無理をしないで治療する必要があります。無理な整復は、赤ちゃんの関節に変形が発症したり、大腿骨壊死を引き起こしたりすることがあるからです。

リーメンビューゲルを使わずに、入院して牽引の治療が施される場合もあります。この牽引法は、専門用語で「開排位牽引法」と呼ばれ、整復を誘導する方法です。股関節に変形発生のおそれがある場合には有効な方法です。

また、手術が必要な場合には、多くの場合、関節鏡視下整復術と呼ばれる手術が施されます。この手術は、関節鏡を用いてなるべる侵襲を抑えて整復する方法です。

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする


Copyright © 変形性股関節症と股関節痛情報。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]
PR
プライバシーポリシー
変形性股関節症と股関節痛情報 のトップへ