忍者ブログ

変形性股関節症と股関節痛情報

股関節症、特に変形性股関節症の痛みの仕組みや治療方法などをご紹介



バーコード
最新トラックバック
SEO対策

検索順位チェックツールseo-R
  • seo
 

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

変形性股関節症は、段階を経て、年々慢性的に進行して行きます。

最終的には手術が必要となる場合が多いようですが、全ての人が、皆、同じように痛みや炎症が進行するという訳ではなく、股関節に変形が見られても長期間に渡って進行しない人もいます。

例えば、股関節に負荷をなるべくかけないなどの生活習慣や、リハビリ、体重コントロール等の保存療法などで、悪化を抑えることが可能だからです。

変形性股関節症の進行段階は以下のような4段階の経過を辿って進行します。

1、前股関節

臼蓋形成不全などで股関節の形に何らかの異常はありますが、関節裂隙(関節の隙間)は正常で、関節軟骨にも異常が見られない状態です。痛みの症状はたまに表れます。

2、初期股関節

関節裂隙(かんせつれつげき)が少し狭くなって来ている状態で、関節軟骨には部分的な変性が見られます。また、レントゲン写真で白く見える「骨硬化」も見られます。これは、負荷の集中部位の骨が硬くなる病状です。痛みは、無理をすると強くなります。

3、進行期股関節

股関節の軟骨の擦り減りが進行し、股関節の隙間が明らかに狭くなります。そのため、臼蓋と大腿骨がぶつかったり接したりしている部分が出て来ます。また、骨硬化が進み、骨嚢胞(こつのうほう)という穴が空く箇所も出て来ます。レントゲン写真でも空洞は見て取れます。更に、この破壊された骨を補強するために骨棘(こっきょく)というとげ状の骨ができ始めます。痛みや動きの制限は強くなります。

4、末期股関節

関節軟骨は摩耗し尽くしてなくなり、股関節の隙間はほぼ消失します。骨硬化が広範囲に見られ、骨嚢胞も増えます。骨が擦り減り、それを補強しようと骨棘もどんどん成長して行くため、股関節自体が著しく変形を始めます。痛みは更に強まり、股関節の稼動域も更に狭まります。この段階に入りますと、杖が必要となり、日常生活にはかなりの支障が出て来ます。

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする


Copyright © 変形性股関節症と股関節痛情報。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]
PR
プライバシーポリシー
変形性股関節症と股関節痛情報 のトップへ