忍者ブログ

変形性股関節症と股関節痛情報

股関節症、特に変形性股関節症の痛みの仕組みや治療方法などをご紹介



バーコード
最新トラックバック
SEO対策

検索順位チェックツールseo-R
  • seo
 

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

変形性股関節症かどうかは、整形外科などの病院で問診や視診、触診、検査などを行い、その結果で診断されます。

先ず、病院を訪れますと、問診が行われます。具体的には、どこが痛いのか、どの程度痛みが出るのか、どんな時に痛みが出るのか、又、いつ頃から痛みが出るようになったのか、更には、先天性股関節脱臼臼蓋形成不全の病気はあったかなどの病歴を確認します。

そして、次に、視診や触診が行われます。これによって関節に腫れがあるかどうか、股関節の動き具合、痛み具合、歩き方、身体の傾き等をチェックします。

そして、検査に入ります。変形性股関節症では、X線検査、つまりレントゲン検査が欠かせません。この検査によって、関節の形状、変形、骨の状態、関節の隙間、進行の程度などがわかります。

レントゲン撮影は、両足を真っ直ぐ伸ばした状態での正面撮影の他、必要に応じて、両足を最大に開いた状態、両足を限界まで交叉した状態でも撮影されます。

その他の検査としては、必要に応じてですが、CT検査やMRI検査、関節造影などが行われます。CT検査は、断層撮影によって関節の形態の細かい部分がわかります。MRI検査は、軟骨やじん帯、筋肉といった軟部組織の様子を見ることができます。関節造影は、造影剤を注入してレントゲン撮影を行うことで、軟骨などの関節内の状態を見ることができます。ただし、MRIの登場により、現在ではこの方法は必要性が少なくなっています。

以上のような診察や検査の結果、異常が認められれば変形性股関節症と診断されます。

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする


Copyright © 変形性股関節症と股関節痛情報。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]
PR
プライバシーポリシー
変形性股関節症と股関節痛情報 のトップへ